* --.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- *** スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | Top
* 2005.12.31 → 水槽リセット
大磯砂で稼動中だった水槽のうち1つをソイル(レットビーサンド)に入れ替えてリセットしました。
この水槽(45cm規格)はこれから増えてくれるハズの赤エビ用にするつもりです。元の住人(黒BEE)は30cm水槽、45cm水槽、40cm水槽に引越しさせました。あ、それとエビ水槽が最近、計10個までに増殖しました。45cm水槽以下のちいさなのばっかりですが。(^^;住み場所どんどん増やしてやってるのでエビもどんどん増えてほしいとこです。

ソイルは、今までアマゾニアとレットビーサンドを使い比べてたんですが、水草によっては(特にキクモ)レットビーサンドでは、栄養失調になって成長点付近が脱色して枯れてくるほどだったので(鉄・マンガンなど多く含む固形肥料を根元にし込んで回復させました)
、低肥料という特徴を逆手にとって貧栄養&弱酸性を好むタヌキモの育成用水槽を兼ねることにしました。(この水槽は直射日光がきついので栄養が多いと藻だらけになりやすいし・・)
ちなみにこの水槽ではタヌキモを底砂に植えてますがマツモと同じように根なし草です。そのうち水面を漂うことでしょう。他の水草はモス、マツモ、ミクロソリウムを少しいれて、メダカの稚魚を5匹投入。。


ebi36.jpg



今日見つけた(撮影できた)稚エビ↓

ebi35.jpg



秋口に孵化したお気に入りの若黒BEE。(卵、見えないけど抱卵してるんですよー。)↓
ebi37.jpg

スポンサーサイト
22:47 *** 未分類 | Trackback(0) | Comment(2) | Top
* 2005.12.23 → ミズムシ
ミズムシと稚エビの遭遇をたまたま撮影しました。
こちらです

でもでも・・今回は襲うという気配はまったくみられませんでした。
今回はミズムシと稚エビの大きさが同じくらいだったせいかもしれませんけど、稚エビのほうもミズムシのことシカトウしてますね。



今日、新たに孵化した稚エビを5匹発見しました!そのうち一番期待してるのがこれです。どかな?
稚エビⅢ

18:49 *** 生態観察・飼育方法 | Trackback(0) | Comment(4) | Top
* 2005.12.22 → 稚エビその後
9日前に発見した稚エビが少し大きくなって(といっても7mmくらい)ひさしぶりに出てきてくれました。いきてたんだ、よかった。
稚エビⅡその後

23:54 *** 未分類 | Trackback(0) | Comment(2) | Top
* 2005.12.21 → 忘れ物
忘れ物

2番手で抱卵した赤BEEの孵化を心待ち待ってたんですけど、卵ホッタラカシにして脱皮しちゃたみたいでした。少しは孵化したのかな?でも追加の稚えびちゃんは見当たりません。ママえびは新しい卵抱いてました。なんだろ?
02:21 *** 生態観察・飼育方法 | Trackback(0) | Comment(2) | Top
* 2005.12.17 → 。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
3日前から、毎日1~2匹死んだエビを見かけてました。
今日は、ひっくり返ってまだ生きてるのを含めて6匹もおかしなことになっていて全滅の気配が濃厚となってきました。
不幸中の幸いで死んでるのは黒BEEの選別外水槽だけなのですが、こんなことがあると他の水槽のエビも危ないのではと心配になってきます。
(30cm規格水槽、底砂アマゾニア、底面ろ過&スポンジフィルター、水槽立ち上げ日11/28(先月末)、水温25℃、ph6.3、亜硝酸は濃度は限りなくゼロ)
原因が掴めなくて途方に暮れます(ーー;)
とりあえず、エビが元気な水槽から水を寄せ集めてきて水を半分換えてみました。明日水槽をみるのが怖いなあ。
23:41 *** 未分類 | Trackback(0) | Comment(6) | Top
* 2005.12.14 → ヒーター購入
このところ寒いですね。30cmの小型水槽などは今までヒータを入れてなかった(部屋ごと暖房で暖めていた)のですが、このままだと電気代が怖いので小型水槽にもヒーターを入れて、暖房を緩めることにしました。EVERESのプリセットオートヒーター30を購入しました。最初はヒータを真横にセット。水温26℃ちょうどくらい。そこでちょいと斜めにしたら水温が下がって25℃になりました。

ヒーター設置

23:54 *** 水槽・器具 | Trackback(0) | Comment(0) | Top
* 2005.12.13 → 稚エビはっけん!
一ヶ月前に購入した赤エビたちの水槽から稚エビを発見しました。抱卵日からたぶん赤エビ9号のこどもだと思います。確認できた数は3匹だけで少なそうです。

それと今日稚エビがミズムシ(フナムシみたいな形のやつ)にどつかれて逃げるシーンを目撃したので、今後は安全のためこやつをエビ水槽でみかけたら除去していくことにしました。ミズムシってゲンゴロウ類の繁殖では幼虫の餌として重宝するので大事にしてたのですけど・・。

稚えびⅡ

22:25 *** 個体紹介 | Trackback(0) | Comment(4) | Top
* 2005.12.11 → ミクロソリウム・ウィンデローブ
今日は、エーハイム用のホースを買ってきた。エビ用にする予定の水槽にレイシーのクーラーがどんと居座っていて、それを撤去するまではエーハイムを置けない状態なので、シナイモツゴを飼育している60cm水槽に仮セットして動作確認した。ろ過バクテリアを定着させるためにもとりあえずそのまま回しておこう。

ついでに【ミクロソリウム・ウィンデローブ】という水草が流木つきでお買い得な価格で売られてたので衝動買いしてしまった。 ミクロソリウムの改良品種でミクロソリウムの葉の先が複数に裂ける特徴があるらしい。

ミクロソリウム

22:20 *** 水草 | Trackback(0) | Comment(0) | Top
* 2005.12.10 → 今日で
今日で赤エビを購入してから一ヶ月になりました。
抱卵している♀がいるので稚エビの登場が待ち遠しいところです。


黒エビのほうは、稚エビや若エビがたくさんになってきました。

【稚エビたち】
稚えび


【若エビたち】
若えび
00:59 *** 未分類 | Trackback(0) | Comment(2) | Top
* 2005.12.09 → 押入れの奥から。
2215

11年近く押入れの奥で眠っていたエーハイム2215を引っ張りだしました。このエーハイムは【1995年1月17日午前5時46分】までは、75cm水槽で活躍してました。休眠に入ったきっかけはあの忌わしき阪神淡路大震災。。すんでた家もろとも水槽崩壊しました。
その後引越しを2回。
・・・。
実家に2217が眠ってるはずなのでできればこれも有効利用したい。

2215はエビちゃん用にする予定の水槽(現時点ではまだゲンゴロウが入ってる)60×45×45の水槽にセットする予定。最低限の部品やろ材は揃ってたけど、ホースと底面オーバーフローなどは捨てちゃったみたい。

ま、とにかく動作確認。それにはホース!ホース!。その辺に使えそうなのあらへんかなあ?


01:55 *** 水槽・器具 | Trackback(0) | Comment(0) | Top
* 2005.12.05 → グロッソスティグマ
グロッソのポット

グロッソ植栽


グロッソ買っちゃいました。この水草を育成するには高光量とCO2添加,それに肥料添加が望ましいみたいです。

光量については、グロッソを入れる水槽は太陽の日ざしがいやというほど差し込むため(特に冬)、屋内での栽培は難しいジュンサイですら育ってしまうほどなので、たぶんクリアできるだろうとの安直な考えです。
蛍光灯をつけると藻類(主にアオミドロ系の緑藻類)が猛烈に出やすくなる(割り箸いれてぐるぐる回すと綿菓子みたいにまきついてくるくらい)ことがあるので、点灯は夜間にエビを眺めるときだけにしてました。もし光が不足するようであれば、様子を見ながら蛍光灯からの照射も併用することにしましょう。あとはCO2と肥料をどうするかですが、とりあえず様子みてから考えます。
01:42 *** 水草 | Trackback(0) | Comment(6) | Top
* 2005.12.03 → 舞ってます。
脱いだ娘がいるぞ!
殻


どこだどこだ?ブイーン!
舞1


先を越されてたまるか!ブイいーン!!
舞2


シュッー
舞3


一番乗りい!!
交尾?


舞ってこんな感じなんかなあ????
20:37 *** 生態観察・飼育方法 | Trackback(0) | Comment(2) | Top
* 2005.12.02 → 
顔3

顔1

顔2♂



顔もみんな少しずつ違うんですね。
21:28 *** 個体紹介 | Trackback(0) | Comment(2) | Top
* 2005.12.01 → マツモがぁ・・
マツモ殖芽

エビまつも


屋外で育てていたマツモをみたら殖芽だけになってました。(マツモは屋外など寒くなってくると越冬のために栄養を茎の先端部に集中させ,その下の部分は切り離して殖芽と呼ばれる状態で越冬します。)2週間くらい前までは水面までボウボウに繁茂してたのでこの変化の速さにびっくりしました。ちなみに大量にあったはずの殖芽から下の茎の部分は腐って溶けてしまったのかほとんど消えてなくなってました。マツモの水槽ではミナミヌマエビの若エビがたくさん増えているのでこいつらも掃除係として一役かってくれてるのかも。。

マツモの殖芽を、エビの水槽(水温25℃)に放り込んでみました。急に春~初夏の状態になってどうなるでしょう?
22:43 *** 水草 | Trackback(0) | Comment(2) | Top
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。